都内に自転車ナビマーク340㎞完成

By | 2017年3月23日

先日のニュースですが、東京都内で22路線合計340㎞にわたって自転車ナビマークの表示が完成しました。

「自転車ナビマーク」22路線、340km完成

 

目次(クリックでスクロール)

自転車ナビマークとは

自転車ナビマークは、道路上に自転車が走る場所と方向を示したもので、通常の道路上では白の自転車の絵と矢印、交差点では青の矢印で描かれているものです。
警視庁ではこの自転車ナビマークの整備を2016年から進めており、今回いったん完成とはしましたが2020年の東京オリンピックに向けて今後さらに整備を進めていく方針です。
自転車専用レーンとは違いあくまで自転車が走行する目安の位置を示しているだけであり、効果についてはやや懐疑的な声もあがっています。

 

設置に対する声

こちらはTwitterのコメントですが、他県でも導入してほしいという声もあれば道幅が変わらない以上危険度も変わらないのではないかという意見もあり賛否両論、やや否定的意見が多く目立ったように見えました。

また、新しく道路標示を描かれた部分は凹凸があって滑りやすくもなりかえって危険というコメントも。

 

自転車ナビマークはあくまで車道上の優先位置を示すものであり、自転車専用道路と違って従来の車道の一部を走るものです。
車道の一部をそのまま走るため路上駐車があれば上を走ることができなくなる、路線バスとの兼ね合いで左側走行がかえって危険な場所もあるなど従来からの問題が解決されていないのではといった不満も上がっています。
元々日本は特に都市部では道幅が狭く自転車専用道路の確保が物理的に無理な道も多く、車道も歩道も狭いことからどうしても自転車事故が起こりやすくなっています。

自転車ナビマークを示すことで自転車に走行位置を促すだけでなく自動車側にも自転車も走る道であると意識してもらう効果も考えられています。

今後一層普及することで、より安全な自転車ライフが送れるようになることを期待したいところです。

 

こちらも参考にどうぞ

あなたの住んでいる自治体の取り組み知っていますか?

自転車の危険行為でお巡りさんに注意された件

「自転車活用推進法」制定でどうなる?自転車ライフ

広告
運営者写真 運営者名 / 年齢 / 家族構成

小さな娘と、心が当サイトの妃よりはやさしいだろうと思われる妻を持つ大川直哉・30歳です。

自転車で最寄り駅まで通い、電車通勤している私が自転車保険を考えたのは子供が生まれた約2年前。

毎日乗っている自転車で万が一があった場合の家族の生活を気にしたこと、そして何よりも自転車同士、そして歩行者への事故を起こしてしまった際の賠償責任を持つべく加入を検討しました。

缶コーヒーを月々5本くらい我慢するくらいで安全、安心を手に入れることが出来るのであればと加入を決断。

その後、時代の流れに即して増えてきた自転車保険に興味を持ち、自分が今、加入を検討する立場であれば、、、、という視点でサイトを運営しております。


運営者写真 趣味

サッカー(Jリーグ)観戦 → 大阪の方のチームのサポーターです。

好きな芸能人

松雪泰子さん、桜井和寿さん

好きな漫画

ヴィンランドサガ、寄生獣、ジャイアントキリング、島耕作シリーズ、ろくでなしブルース


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です