ランニングバイクの事故対策|自転車保険は適用される?

By | 2017年2月26日

こんにちは、さかいです。

皆様ランニングバイクってご存知ですか?
今日は幼児用の乗用遊具と保険についてです。

 

ランニングバイクって?

ランニングバイクとは幼児用のペダル無し自転車のことで、商品名だとストライダーD-bikeが有名です。
遠目には自転車に見えますが、ペダルがなく脚で蹴ってすすむもので自転車のような移動手段ではなく遊具です。
乗用遊具というと一番有名なのが三輪車、それからもっと小さな赤ちゃん用にまたがって遊ぶ車の玩具なんかもありますね。
またがって遊ぶ車や三輪車では、急な坂道で勢いよく押すなどしなければ、まず大人の歩く速さ以上のスピードはでません。
ところがランニングバイクは対象年齢がおよそ二歳~五歳の遊具ですが実は大会なども開催されておりスピードがとてもでます。
世界最年少のレースといわれるストライダーの世界大会では大人顔負けの激しい競争が繰り広げられています。
もちろん世界大会級のスピードで疾走するにはテクニックが必要ですが、ただ暴走するだけなら小さな幼児でもけっこう簡単にスピードの出せてしまう遊具なのです。

 

意外と危険?ランニングバイク

ランニングバイクは自転車ではありませんから特にブレーキなしのストライダーなどは公道で乗らないでくださいとされています。
さらにヘルメットとプロテクターをつけて遊びましょうという注意書きもされています。
自転車の練習や体幹を鍛えるなど楽しく遊べる遊具ですが、見た目以上にちょっと危険な遊具でもあるのです。

大人の監視下で遊ばせる遊具であることはもちろんですが、子供は常に予想外の動きをするもの。

さすがにランニングバイクで死亡事故ということはないですが、ぶつかって相手に怪我をさせたり、何かを壊してしまうということは十分に考えられます。

 

ランニングバイク事故に自転車保険は適用される?

では、仮にランニングバイクに乗っていた子供がよそのお子さんにぶつかって怪我をさせてしまったらどうなるのでしょう?
公園でよそさまの荷物にぶつかってなにか破壊してしまったら?
家族型の自転車保険の適応になるのでしょうか?

まずは自転車保険での適用についてですが、これはされない可能性が高いです。
なぜかというとほとんどの自転車保険では「自転車に乗用中の事故」に対しての保険という設定をしており、ランニングバイクは自転車と見なされない可能性が高く、自転車保険が適用されるかはかなり怪しいです。

では自転車保険に入っていてもダメかというとそんなこともありません。
個人賠償責任がついているものであればいつどのような形の事故であったかを問わずに保険金が支払われるからで、ほとんどの自転車保険にはこれがついているからです。
個人賠償責任は自動車保険や火災保険の特約でつけられるものが多く、これを自転車保険の代わりにするとお得ですよ~とこちらのブログでも何度か紹介してきましたが、今回もやっぱりおススメなのでした。

 
最近あまりにも個人賠償責任の特約を自転車保険の代用でおススメしてきたので、次回は自転車保険にちゃんと入るメリットについてちょっとまとめてみますね。
それでは、また!

 

こちらも参考にどうぞ
自転車事故に気を付けるべきは子供?それともシニア?
春の新生活に向けてお得な自転車保険の入り方!
自転車保険加入でこんな日常生活のリスクにも対応!

広告
運営者写真 運営者名 / 年齢 / 家族構成

小さな娘と、心が当サイトの妃よりはやさしいだろうと思われる妻を持つ大川直哉・30歳です。

自転車で最寄り駅まで通い、電車通勤している私が自転車保険を考えたのは子供が生まれた約2年前。

毎日乗っている自転車で万が一があった場合の家族の生活を気にしたこと、そして何よりも自転車同士、そして歩行者への事故を起こしてしまった際の賠償責任を持つべく加入を検討しました。

缶コーヒーを月々5本くらい我慢するくらいで安全、安心を手に入れることが出来るのであればと加入を決断。

その後、時代の流れに即して増えてきた自転車保険に興味を持ち、自分が今、加入を検討する立場であれば、、、、という視点でサイトを運営しております。


運営者写真 趣味

サッカー(Jリーグ)観戦 → 大阪の方のチームのサポーターです。

好きな芸能人

松雪泰子さん、桜井和寿さん

好きな漫画

ヴィンランドサガ、寄生獣、ジャイアントキリング、島耕作シリーズ、ろくでなしブルース


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です