高額の損害賠償から子供を守る|人気でオススメの損害・傷害保険

ランキングで探す

  • 最強はこれじゃ 総合ランキング
  • 賠償金を重視 賠償上限ランキング
  • 示談交渉まで対応 付帯サービスランキング
  • 家族もカバー お子様向けランキング
  • 自分の怪我を重視 入院・死亡保障ランキング
  • 安さで選ぶ 保険料ランキング

自転車保険を学ぶ

自転車保険を検討する前に 自転車保険が注目されておる理由はこういうことじゃったのか

自転車事故を学ぶ

自転車保険の豆知識

自転車王国の仲間たち 王家の紹介を読む
各社の自転車保険を知る
HOME   >   賠償上限ランキング
賠償上限ランキング
35の保険から厳選する 総合ランキング
アイコンの解説
保険料安い賠償補償3億示談代行ロードサービス家族全員カバーネット申込可通院保障あり手厚い死亡保障会員限定商品

賠償重視ポイント:10pt (1位/35)
年間保険料:3,990円  賠償責任:最大3億円※最大10pt

三井住友海上の自転車保険は、月々わずか350円でなんと3億円もの賠償補償がつくのじゃ!3億あれば反抗期の子供が何をしでかしても平気じゃのぅ。

アイコンの解説

賠償重視ポイント:10pt (2位/35)
年間保険料:7,200円  賠償責任:最大3億円

賠償責任をはじめ、保障内容が手厚いのがとても魅力的ね♪
アイコンの解説

賠償重視ポイント:10pt (3位/35)
年間保険料:3,990円  賠償責任:最大3億円

これだけ補償が手厚いと、両手放しで「シェー」して運転したくなるわね。あら、古いかしら。

総合 プラン pt 年間保険料 賠償上限
4位 【日新火災】ジョイエ傷害保険 10 38,400円 最大2億円
5位 【エポス】エポラク傷害保険 10 8,520円 最大2億円
6位 【NTTDocomo】ドコモサイクル保険 10 5,280円 最大2億円
7位 【au損保の自転車保険】ゴールド 10 11,460円 最大2億円
8位 【パルシステム】自転車保険 ※個人 10 3,000円 最大2億円
9位 【あさひ】サイクルパートナー 8 1,680円 最大1億円
10位 【DeNA自転車保険】基本コース 8 3,600円 最大1億円
11位 【au損保の自転車保険】シルバー 8 6,620円 最大1億円
12位 【co-op】団体じてんしゃ保険 8 4,680円 最大1億円
13位 【どけん共済会】自転車保険 8 4,500円 最大1億円
14位 【JCA】JCA自転車保険 8 3,000円 最大1億円
15位 【JCB】トッピング保険 自転車プラン 8 3,120円 最大1億円
▼16位~35位を表示
総合 プラン pt 年間保険料 賠償上限
16位 【ジェイアイズ】自転車安心パスポート 8 4,680円 最大1億円
17位 【保険市場】CYCLE 自転車の保険 8 9,320円 最大1億円
18位 【富士火災】スタンダードタイプ 8 8,840円 最大1億円
19位 【東京海上日動】eサイクル保険 8 3,650円 最大1億円
20位 【エイチエス損害保険】ライトネッと 8 5,200円 最大1億円
21位 【損保ジャパン日本興亜】いちおしくん 8 21,980円 最大1億円
22位 【あいおいニッセイ同和】自転車プラン 8 7,500円 最大1億円
23位 【三井住友VISA】ポケット保険 8 6,960円 最大1億円
24位 【チューリッヒ】アップグレード 6 約5,500円 最大5,000万円
25位 【チューリッヒ】ベーシック 6 約5,500円 最大5,000万円
26位 【エース損害保険】自転車でも安心 6 26,760円 最大5,000万円
27位 【ソフトバンク】自転車あんしん保険 6 3,960円 最大5,000万円
28位 【au損保の自転車保険】ブロンズ 8 4,150円 最大1億円
29位 【TSマーク】赤色TSマーク 6 約2,000円 最大5,000万円
30位 【Yahoo!】ちょこっと保険 5 9,480円 最大3,000万円
31位 【ちゃりぽ】あんしんプラン 4 2,900円 最大1,000万円
32位 【ちゃりぽ】もっとあんしんプラン 4 4,100円 最大1,000万円
33位 【あさひ】サイクルメイト 4 3,000円 最大1,000万円
34位 【TSマーク】青色TSマーク 4 約1,500円 最大1,000万円
35位 【イオン】イオンの自転車保険 4 3,550円 最大1,000万円
※pt(ポイント)は当サイト調べ
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • LINE
  • はてなブックマーク

過去の大きな自転車事故事例
2013年7月・・・ 9,521万円(神戸地裁)
2008年6月・・・ 9,266万円(東京地裁)
2003年9月・・・ 6,779万円(東京地裁)
1~2億円の賠償補償でOK

上の3つの事例はほんの一部で、3,000万~1億円程度の賠償命令が出される自転車事故が増えてきています。>> 自転車事故の事例一覧


未成年であっても賠償請求の責任を免れることは出来ず、その結果保護者が自己破産に至るケースもあり、平成25年兵庫での事故でも保護者は自己破産しています。>> 兵庫自転車事故の解説


賠償上限の金額は自転車保険選びで最重要と言われており、近年では賠償補償が3億円の自転車保険も現れました。しかしチャーリーの自転車保険は賠償補償は1~2億円で示談交渉サービスが付いており、年間保険料が4,000~8,000円程度のものがベストと考えています。


一方で、自転車が自動車とほぼ同様に扱われるとされる判決が増えおり、今後も賠償金の高額化が進むのであれば、賠償金3億円以上の保険を検討する必要があるかもしれません。

PAGE TOP