三井住友海上”ネットde保険@さいくる”が賠償上限3億円にグレードアップ

By | 2016年3月26日

三井住友海上の自転車保険

三井住友海上の自転車保険「ネットde保険@さいくる」が2016年4月1日より商品改定することを発表しました。

損保大手の三井住友海上は自転車保険が今のように注目を浴びる前から自転車保険商品を提供しており、さらに水準以上の補償内容を継続しています。

ですが、いつしか賠償責任の高額化、そしてそれに伴う他社の自転車保険の賠償補償の高額化競争激化により「そこそこで平均的」な補償の保険となってしまっていました。

そのような時代背景もあって補償内容の改定に踏み切ったのではないでしょうか。ユーザとしては嬉しい限りです。

 

ネットde保険@さいくるの変更内容

では、気になる変更内容ですが、「ネットde保険@さいくる Aコース」を変更前・変更後で比較してみます。

新Aコース 旧Aコース
死亡保障 500万円 500万円
入院保障日額 6,000円 6,000円
賠償責任補償 3億円 1億円
保険料(年額) 7,230円 6,400円

※Aコース 本人型の場合

今回の主な変更点は言うまでもなく賠償責任補償額の増額です。
これまで1億円から他の自転車保険と比較しても現時点で最高水準の3億円となりました。

また、それに伴い数百円単位ながらも保険料がアップしたことが変更点です。

 

ネットde保険@さいくるの商品改定にみる自転車保険業界

今回のネットde保険@さいくるの商品改定による大きな変更点は賠償責任補償の増額です。

入院保障や死亡保障面で大きな変更点はありませんでした。

ここから察するに・・・

自転車保険を検討していたり、比較している人は「賠償責任補償額を重視して購入している」

という仮説を三井住友海上が立てているのではないでしょうか。

極端な言い方をすると

「死亡保障や入院保障は自転車保険検討者は重要視しておらず、賠償責任補償額で目を惹かせることが大切!」

ということです。

当サイトの「何を基準に自転車保険を選ぶべき?」でも述べている通り、賠償責任補償が自転車保険の理由と言っても過言ではありません。
それゆえに今後、自転車保険は賠償責任補償額で競争する時代になりそうです。
今回のネットde保険@サイクルの商品改定が、自転車保険の賠償補償額競争時代の幕開けを告げることになった、と来年の今頃には当ブログで書いているかもしれませんね^^;

■関連記事
賠償上限ランキングはコチラ
何を基準に自転車保険を選ぶべきか?
自転車事故の最新賠償事例

■人気記事
自転車保険って自分だけ?家族は適用されないの?
自転車運転危険行為とは!?
自転車危険行為を検証してみた!?

■自転車保険を検討する前に
なぜ自転車保険は必要なの?
何を基準に自転車保険を選ぶべき?
加入する前にちょっと待った!

■「自転車保険の加入者に聞いてみた!」利用者の声
保険のことなんて考えたこともなかった。事故に遭う日まではね。

広告
  • 総合ランキング
  • 賠償上限ランキング
  • 付帯サービスランキング
  • 入院・死亡保障ランキング
  • 保険料ランキング
Category: 未分類
運営者写真 運営者名 / 年齢 / 家族構成

小さな娘と、心が当サイトの妃よりはやさしいだろうと思われる妻を持つおだ かずや・30歳です。

自転車で最寄り駅まで通い、電車通勤している私が自転車保険を考えたのは子供が生まれた約2年前。

毎日乗っている自転車で万が一があった場合の家族の生活を気にしたこと、そして何よりも自転車同士、そして歩行者への事故を起こしてしまった際の賠償責任を持つべく加入を検討しました。

缶コーヒーを月々5本くらい我慢するくらいで安全、安心を手に入れることが出来るのであればと加入を決断。

その後、時代の流れに即して増えてきた自転車保険に興味を持ち、自分が今、加入を検討する立場であれば、、、、という視点でサイトを運営しております。


運営者写真 趣味

サッカー(Jリーグ)観戦 → 大阪の方のチームのサポーターです。

好きな芸能人

松雪泰子さん、桜井和寿さん

好きな漫画

ヴィンランドサガ、寄生獣、ジャイアントキリング、島耕作シリーズ、ろくでなしブルース


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です