サイクルベースあさひがオリジナル自転車保険をリリース

By | 2016年1月12日

あさひが自転車保険をリリース

日本最大の自転車販売店チェーンの「あさひ」がau損害保険と新たに自転車保険を開発したとリリースがありました。
http://corp.au-sonpo.co.jp/news/detail-84.html

あさひではこれまでサイクルメイトという自転車保険を提供していました。サイクルメイトは自転車購入者にTSマークへ加入させることと、付加価値として自転車再購入時の費用を一部補償するサービスをつけていた自転車保険でした。

そして今回、新たに「サイクルパートナー」という自転車保険を発表しました。
サイクルパートナーではTSマークは一切関係なく、独立した自転車保険です。

サイクルパートナーの保険内容は?

 本人タイプ家族タイプ
個人賠償責任最大1億円最大1億円
示談代行
死亡・後遺障害400万円400万円
入院保険日額2,000円2,000円
保険料(年額)1,680円2,920円

この補償内容と保険料を見ると「さすが、自転車の専門家あさひ!」という内容です。
というのも本人タイプでは年額1,680円という激安保険料ながら個人賠償が1億円、さらには死亡保障までついています
※おまけにネットで簡単申し込みが可能な上、示談代行付です。

当サイトの保険料ランキングにランクインさせるとしたらちゃりぽを抜いてダントツの1位となる内容です。
月々150円でこれだけの自転車保険は過去に類を見ないシンプル且つ十分な保険と言えます。

サイクルパートナーは2016年2月下旬以降、サイクルベースあさひ各店舗にて案内を開始する見込みとのことです。
自転車保険のツボを押さえたオススメできる自転車保険がまた1つ誕生したといっても過言ではないでしょう。

ちなみに筆者はサイクルメイトが結構お気に入りでした。保険料が安いことに加え、自転車が盗難に遭った際、再購入費用を負担してもらえるからです。ただ賠償責任補償額が低いという点だけが気がかりでしたが今回のサイクルパートナーと併用すれば個人賠償もクリアになり、自転車生活におけるあらゆる面で保険をかけることが可能となります。
サイクルメイト、サイクルパートナーへの同時申込みは出来るのかな??というのが今の疑問です。
こちらについては店舗での案内が開始されたら聞きに行ってみようと思ってますのでまた当ブログでレポートしますね^_^;

●一番お得な保険は自動車保険の特約?
https://www.jitensyahoken-ace.com/blogs/?p=265

広告
  • 総合ランキング
  • 賠償上限ランキング
  • 付帯サービスランキング
  • 入院・死亡保障ランキング
  • 保険料ランキング
Category: 未分類
運営者写真 運営者名 / 年齢 / 家族構成

小さな娘と、心が当サイトの妃よりはやさしいだろうと思われる妻を持つおだ かずや・30歳です。

自転車で最寄り駅まで通い、電車通勤している私が自転車保険を考えたのは子供が生まれた約2年前。

毎日乗っている自転車で万が一があった場合の家族の生活を気にしたこと、そして何よりも自転車同士、そして歩行者への事故を起こしてしまった際の賠償責任を持つべく加入を検討しました。

缶コーヒーを月々5本くらい我慢するくらいで安全、安心を手に入れることが出来るのであればと加入を決断。

その後、時代の流れに即して増えてきた自転車保険に興味を持ち、自分が今、加入を検討する立場であれば、、、、という視点でサイトを運営しております。


運営者写真 趣味

サッカー(Jリーグ)観戦 → 大阪の方のチームのサポーターです。

好きな芸能人

松雪泰子さん、桜井和寿さん

好きな漫画

ヴィンランドサガ、寄生獣、ジャイアントキリング、島耕作シリーズ、ろくでなしブルース


One thought on “サイクルベースあさひがオリジナル自転車保険をリリース

  1. ピンバック: 自転車保険「サイクルパートナー」についてあさひで聞いてみた! | 自転車保険ニュース

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です